« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

夏休みこども企画 歌とピアノのコンサート まちかどコンサートvo167

7月24日(日)十条台ふれあい館での '音楽のひと時を' のコンサートがありました。

ピアニストの河野紘子さんとハイドンの歌曲・日本の童謡、唱歌・ジブリソング・合唱曲を演奏しました。

一番若いだろう、3歳くらいのお子さんも最後まで集中して聴いてくれました。

地域の幅広い年代の方々が、一緒に音楽を楽しむ。

そこには、一つのおおきな家族のような温かさ、やさしさがありました。

この7月、本番が5回ありました。

6月下旬に恐怖にかられ、よく食べたのがよかったのか、スタミナが切れず、今も元気です。

その中でも一番集中した演奏でした。

まちかどコンサートという企画は今回で167回目。なんと毎月1回のペースで行なっているそうです!

北区文化財団・ボランティアで運営をして下さった方々の強い意思と絆があってこそです。

ありがとうございました。

王子の夏は涼しい風を感じます。きっと緑が多いから。

飛鳥山公園の紫陽花もちらほらと咲いていました。

2011072511180000

|

かつしか区民の集い 7/23(土)

今日はピアニストの河野紘子さんと、地元の《かめありリリオホール》で行なわれた

《かつしか区民のつどい》のゲスト演奏として、日本の歌を10曲ほど演奏しました。

子供たちの金管バンドの演奏に、元気をもらいました。

かめありリリオホール、演劇にもってこいのホールだそうです。(600席)

客席が後ろにいくにつれ、高くなっていくので、舞台から見ていて、とても心地よいのです。

見守られているようでした。

基本的に、マイクは使わずに演奏しましたが、響きを作るのが難しく、

「ああでもない こうかしら?」 と奮闘しました。

 力まない 力まない。

今日の教訓ですnight

 支えて下さった関係者の皆様、ありがとうございました。

2011071113180000_2

|

Lettera amorosa ~時を越えて届く愛の手紙~

7/15(金) 満月のきれいな夜でした。

近江楽堂で長谷部千晶さん(sop)と佐藤亜紀子さん(リュート/テオルボ) と演奏会をしてきました。

聴きに来て下さった方々、ありがとうございます。

去年、「イタリアの曲も勉強せねば!」と思いたち、長谷部さんと佐藤さんをお誘いして始まった企画でした。

短期集中練習でしたが、色々と心残りがある曲があり・・。(もんもん)

ますが!

近江楽堂の響きに助けられました。

小さなしゃぼん玉も大切に守られて昇っていく感じ。

母校の講堂の階段裏の響きと似ていて、懐かしい気持ちになりました。

だからでしょうか。背伸びをせずに、歌っている自分がいました。

明日18日に京都で本番があります。

Bachモテット「霊はわれらの弱さを助けたもう」・復活祭オラトリオの合唱を歌います。

http://kbs.inter-art.gr.jp/ 

京都を暑がってきます!

2011061914300000

|

一体感

高根台保育園での初めての演奏は、私がまだ学生の頃のことでした。

歌い始めると、数人の子供たちからは「アハハハ!」の笑い声。

初めて聴く生の歌声に戸惑ったのか、恥かしかったのか、

それとも、ただおかしかったのでしょう・・。

あれから、10数年。毎年演奏させて頂いていますが、

今年の七夕コンサートは

福井那美さんsop・根石典子さんsop、成瀬京子先生pianoとの演奏でした。

パネルシアターやぺープサート、ダンス、楽器演奏も取り入れ、メリハリをつけた参加型のコンサートです。

いまでは「あのお姉さん覚えてる~!」なんて嬉しい声をもらえるように。

でも、何よりも嬉しいことは子供たちの歌声が変わったことです。

「たなばたさま」「やまびこごっこ」「園の歌」の子供たちの熱唱は嬉しかった。

子供たちの心の開き方の大きいこと。

気持ちが通じる瞬間は特別です。

一体感があって泣きそうな程嬉しかったと、園長先生もお話して下さいました。

良い七夕をありがとうございました。

2011070811110001

中山の蓮の池 (7/8)

|

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »